スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年まとめ

年の瀬も迫ってきたのでなんとなく今まで作った動画を振り返ってみた。
s3659.png

◆ODDS&ENDS

「ミクさんと共にあれ賞」を頂きましたODDS&ENDSのストーリーPVです。
曲を聴きながらPVの最初とラストのイメージは何となくできていたのですが、起承転結の転のシーンが思いつかないままでした。
ある日ふと「ゼンマイを付ければいいんじゃね?」とひらめいたのをきっかけに起承と結の部分が繋がって一気にイメージが固まりました。

◆あの日の二人

ネルさんの過去とこれからのお話
この会話シーンの背景用として蜆川河川敷のステージを作り始めました。
今思うとちょっと背景がゴチャゴチャしすぎたかもしれません(==;

◆真面目系クズの日常的終末論

電車に乗っていて風景を眺めながら「窓の外で何かあってもすぐその場に行けないよなぁ」とか考えていたらタイムワープネタが降ってきました。
ただちょっと内容がわかりにくかったかなぁと反省点です。

◆蜆川河川敷
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im6023509
三年間チマチマ作り続けていた街ステージです。
色々と個人的な萌えなポイントが詰まっています。

◆AC4400CW

米国型機関車シリーズ第一弾
YouTubeでアメリカの動画を見てしまったがために出来上がったモデルです。
いつの日か実物を見てみたいですねぇ・・・


◆MMD鉄道で大洗鹿島線です!

ガルパンみて作った動画です。
やはり人気な作品なだけあってMMD鉄道で○○シリーズの中では再生数がかなり高いですね。
ガルパンはいいぞ

◆MMD鉄道で名鉄

そういえば地元ナゴヤを走る鉄道の動画を作ってないことに気付いたので名鉄特集を組んでみました。
313系モデルハヨウ

◆SD40-2とマイルトレイン

米国型機関車シリーズ第二弾
93両編成とかいうマイルトレインを再現しました。

◆台鐵とKORAILロコ

米国型機関車シリーズ第三弾
アメリカからアジア圏へ輸出された機関車である台湾のR180と韓国の7500のモデルを作ってみました。
顔が似ているのでちょっと改造すれば作れるだろうと考えていましたが、結構作り直すポイントが多かったのです

◆プリマスくん

米国型機関車シリーズ第四弾
元々いつかは作るつもりでしたが、林鉄の客車と貨車モデルが公開されたのを受けて作ってみました。
個人的に思い入れのある諏訪湖のナローロコです。

◆MMD鉄道で○○シリーズ
http://www.nicovideo.jp/mylist/49564105
週一回動画をアップするという酔狂な企画も1年続きました
我ながらよく続くなぁと思います(ぉぃ
やはり東海地区の動画が少ないですね。
313系モデルハy(以下略


というわけで、何か今年はアメロコばかり作っていた1年でした。
海外の鉄道に興味持ったのも今年からでしたね
来年はどうなることやら
それではまた。
スポンサーサイト

【配布】Plymouth

s3596.jpg

ナロー用機関車を作ってみました。

ダウンロード>>>


モデルにしたのは諏訪湖の釜口水門に保存されている機関車です。
s3597.jpg

保存場所はこのへんです

s3598.jpg
アメリカ製のガソリン機関車です。
大正13年とのことで蒸気機関車のC53よりもちょっと古いくらいの機関車です。

産業用小型機関車のお手本になった輸入機関車のようで、台枠部分など後年に作られた日本車とよく似ているところがあります。
s3599.jpg
この機関車はフリクションドライブという機構を持っています。
中央に見えている円盤がエンジンに直結していまして、その回転を縦向きについている円盤に伝えます。
そして、その円盤を左右に動かすことで変速や回転を逆転させるような構造になっています。
内燃機関車黎明期の非常にシンプルな変速機構で、これが作りたくてモデル化しました。
ただ、欠点はお察し出来るかと思いますが摩擦力で伝達するため重たいものを牽くと滑ってしまうため、次第にギア式のミッションに取って代わられこの方式の機関車は作られなくなっていきました。

s3600.jpg
モデルは前半分の車体を消去させることもできます。
よくあるエンジン部分が露出した状態で走らせることもできます。

s3601.jpg
内部の色もモーフで変更出来ます。

s3602.jpg
扉やフタ部分も開閉可能です。

s3603.jpg
モーフでヘッドライトや始動用のハンドルが出現します。s3604.jpg
選べる二色
林鉄っぽい色合いのモデルも用意しました。


方向幕モーフの作り方

なんとなく方向幕モーフの作り方を解説します。
まず、方向幕となるテクスチャを用意します。
 s3487.png

コマ数は11コマにします。
何故11コマなのかというと、モーフで調整しやすくなるためです。

次に、マッピングを
s3488.jpg
このようにテクスチャと縦横比を揃えて、最初の一コマだけ表示させるようにします。
モデリングはこれでOKなので、次にPMXEを開いてこのモデルを読み込みます。

s3489.jpg
モデルを読み込んだら、モーフ>新規モーフ作成>頂点/UVを開きます。

s3490.jpg
「動」ボタンをクリックし、オブジェクト操作のUVタブを開きます。

s3491.jpg

次に方向幕の頂点を全て選択します。
ちなみに、オブジェクト操作ウィンドウにある移動と書かれた下側にUとVの文字が縦に並んでいますが、ここのVをドラッグしていくと方向幕が変わっていきます。
これで調整しても良いのですが、折角なので数値でぴったりと合わせます。

s3492.jpg
変更のタブを開いて、移動にします。

移動する数値ですが、イメージとして
s3493.jpg
移動量1でテクスチャが端から端まで1個分動くという感じです。
1個分動かしてしまうとコマが同じ位置になってしまうので、そのひとつ手前のコマになるように10コマ/11コマ=0.909090...を入力します。
s3494.jpg
0.909を入力し、[値設定]のボタンをクリックすると、最後の11コマ目である伊那大島が表示されました。


s3495.jpg
最後に、モーフ編集ウィンドウの種類ボタンを開き、UVを選びます。
これで新規追加すればモーフが登録されます。
これで方向幕モーフの完成です。

s3496.jpg
モデルをMMDに読み込むとモーフで方向幕が変わっていきます。
11コマにしたお陰で、モーフの数値0.1=1コマという割り当てになっているので合わせやすくなっています。

PMXエディタでモデルの検証をする

以前書いたPMXモデル化の解説で、状態検証の機能解説が抜けていたのでなんとなく書いてみます。

まずPMXエディタを開き、検証したいモデルを読み込みます。
そして、PMXエディタのファイル→PMXデータの状態検証を選びます。
s3466.jpg

すると、こんなものが出てきます。
s3467.jpg

所々”×Bad!”や△マークがありますね。
こういうマークがあるとPMXモデルとしてはあまりよろしくないのです。
・・・といいつつボクも最近この機能を知ったので、配布中のモデルも結構×や△がでてきますが(ぉぃ

この中でよく使う修正方法を解説します。

■不正法線の修正
s3468.jpg
不正法線の修正を行って下さいと出た場合は、編集→頂点→不正法線の修正を選んで下さい。
あとは何か色々聞かれますが適当にOKしていけば自動でやってくれます。

■単独(面非参照)頂点数
この駒吉機関車のモデルではOKでしたが、この単独(面非参照)頂点で「△ 単独(面非参照)頂点の修正が可能です.」とNGが出る場合があります。
その際は以下のようにs3469.jpg

この手順で単独(面非参照)頂点を消すことができます。

■重複面
「△ 重複面の修正が可能です.」とNGが出る場合があります。
その際はs3470.jpg
まずは上記の方法でモデルの面をすべて選択します。
そして次に...
s3471.jpg
編集→選択面→重複面の削除を選んで削除します。
これでOKです。

■ボーンのNGについて
最初に掲載した検証結果の中に「.. × Bad! 以下のボーンは付与親ボーン設定が正しくありません.(2,5,8)」とあります
そして実際にNo.2,5,8のボーンを見てみますと・・・
s3472.jpg
どれもMMDエンジン絡みのボーンです。
MMDエンジンは裏技的なボーンなのでこのようにエラーを吐くのですが、これを修正するとエンジンにならなくなるのでこのまま放置します。

■系列順序確認
「系列順序確認 : 1 | ... × Bad! 以下のボーンは親の変形順序が子より後になります(ボーン順と変形順序を確認してください).」とNGになる場合があります。
これは親ボーンの計算順が後になってしまっている事なのでそれを修正します。
s3473.jpg
14番の車体ボーンの親ボーンを13番以下のボーンに設定しなおすか、14番のボーンを計算順で後にする必要があります。


■未登録モーフ
「未登録モーフ : 1 | ... △ 以下のモーフは表示枠に登録されていません.(2)」というNGはよく見かけます。
修正方法は表示枠タブを開き...
s3474.jpg
このように未登録モーフを登録してやります。
ちなみにボーンも同じく
s3475.jpg
登録したい表示枠を選択して未登録のボーンを登録します。

■小ネタ:PMXエディタが重いとき

なんかPMXエディタの動作が重くなるときがあります。
実はPMXエディタはMMDと自動リンクする機能があり、MMDとPMXエディタを同時に立ち上げているととても重たくなる場合があります。
なのでPMXエディタを使う際はMMDを閉じるかs3476.jpg
ヘルプ→バージョン情報でバージョン情報を表示させっぱなしにすると、閉じている時と同じ効果が得られます。

以上で解説を終わります。
それではまた~


適当にツイッターに上げていた4コマ漫画

適当に思いついたネタを、その場で適当に仕上げたMMDの4コマ漫画を適当にまとめてみます。
・・・4コマと言いつつ最初から5コマありますが....


続きは画像をクリックすれば見られます。




3作品も上げておいてアレですが、途中のコマから見る人も多そうなのでこの方法はあんまりよろしくないのかなと思います。
4コマをまとめてみせるか、途中から見ても破綻しないようにするのが肝心なのかなぁと思います。

まぁそのときTLを見ているフォロワーさんだけに伝われば十分と考えているならこの方法でも問題ないのですけれども。(=ω=;
また思いついたら適当に何か上げるかもしれません
プロフィール

ejima

Author:ejima
MMDで平田橋駅や勝川浦駅とか作ってる人です。
今までに作った作品>http://www.nicovideo.jp/mylist/24891991
ツイッター>https://twitter.com/ejima8

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。