記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MMD鉄道】曲利駅走行支援ダミーボーン【配布】

シーマさんが公開されている曲利駅のモデル向けのダミーボーンを作ってみました。


ダウンロード>>>



▲配布動画

このダミーボーンを使用すると、外部親登録で簡単に電車を動かせるようになります。
面倒な数値入力や電車モデルのボーン改造は一切やらなくてOKです。

●基本的な使い方
s1847.png
とりあえず曲利駅と今回配布するダミーボーンを読み込みます。
次に使いたい電車モデルの1両目を読み込みます。

s1848.png
そして、電車モデルの外部親登録を行います。
今回は外側線に電車を配置します。
1両目は「外側1両目取付」ボーンに設定して下さい。

s1856.png
すると、だいたい駅舎と道路の下ぐらいに1両目モデルが設置されます。

2両目も同様に「外側2両目取付」ボーンに登録していきます。
最大10両編成まで対応しています。

s1849.png
登録が終わるとこんな感じに全てのモデルが重なった状態になります。

つづいてモーフの左上にある・・・
s1850.png
「外側編成展開」のモーフを動かします。


s1851.png
すると、今まで重なっていた電車モデルがカーブの線路に沿って展開されます。
電車の長さに合わせてちょうど良い位置にモーフを設定して下さい。

しかし、この状態では電車の前後が逆になっています。
なので次にこちらの
s1852.png
「外側車両全方転」モーフを動かします。
ついでに右下にある「カント」モーフも動かします。

s1853.png
これで編成の配置が完了しました。

なお、走らせる場合はボーンの
s1854.png
「外側走行」ボーンを回転させてやれば電車が動きます。

(7/17追記)
外側走行ボーンの動かし方の詳細について追記します。
s1878.png
左上のボーン・フレーム操作のメニューにあります「+走行用」と書かれたところの+をクリックしてタブを開きます。
そして出てきた「外側走行」の文字をクリックしてボーンを選択状態にします。
次に右下にあるXYZいずれかの回転アイコンをドラッグすれば電車が動きます。
(追記終わり)


s1855.png


●台車基点モデルの場合
先頭台車の中心にセンターボーンや全ての親ボーンがあるモデルで外部親を登録するとこのように列車がずれてしまいます。
s1857.png

そんなときはこちらの
s1858.png
「外側台車基点モデル」モーフを使用して全車の角度を調整して下さい。

s1859.png
こんな感じにまっすぐになります。

●車両の長さがバラバラな場合
モーフを使用する場合、等間隔で広がっていくため車両全長が違う車両を並べた場合に隙間ができてしまいます。
s1860.png

そのときは位置調整ボーンを使用します。
s1861.png
車両の位置を変更したい両数のボーンを選択し、回転させます。
すると、その車両だけ動かせるので連結位置まで移動させます。

s1862.png
これで完了です。


MMD鉄道の作品作りのお役に立てれば幸いです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。