記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PMXエディタでモデルの検証をする

以前書いたPMXモデル化の解説で、状態検証の機能解説が抜けていたのでなんとなく書いてみます。

まずPMXエディタを開き、検証したいモデルを読み込みます。
そして、PMXエディタのファイル→PMXデータの状態検証を選びます。
s3466.jpg

すると、こんなものが出てきます。
s3467.jpg

所々”×Bad!”や△マークがありますね。
こういうマークがあるとPMXモデルとしてはあまりよろしくないのです。
・・・といいつつボクも最近この機能を知ったので、配布中のモデルも結構×や△がでてきますが(ぉぃ

この中でよく使う修正方法を解説します。

■不正法線の修正
s3468.jpg
不正法線の修正を行って下さいと出た場合は、編集→頂点→不正法線の修正を選んで下さい。
あとは何か色々聞かれますが適当にOKしていけば自動でやってくれます。

■単独(面非参照)頂点数
この駒吉機関車のモデルではOKでしたが、この単独(面非参照)頂点で「△ 単独(面非参照)頂点の修正が可能です.」とNGが出る場合があります。
その際は以下のようにs3469.jpg

この手順で単独(面非参照)頂点を消すことができます。

■重複面
「△ 重複面の修正が可能です.」とNGが出る場合があります。
その際はs3470.jpg
まずは上記の方法でモデルの面をすべて選択します。
そして次に...
s3471.jpg
編集→選択面→重複面の削除を選んで削除します。
これでOKです。

■ボーンのNGについて
最初に掲載した検証結果の中に「.. × Bad! 以下のボーンは付与親ボーン設定が正しくありません.(2,5,8)」とあります
そして実際にNo.2,5,8のボーンを見てみますと・・・
s3472.jpg
どれもMMDエンジン絡みのボーンです。
MMDエンジンは裏技的なボーンなのでこのようにエラーを吐くのですが、これを修正するとエンジンにならなくなるのでこのまま放置します。

■系列順序確認
「系列順序確認 : 1 | ... × Bad! 以下のボーンは親の変形順序が子より後になります(ボーン順と変形順序を確認してください).」とNGになる場合があります。
これは親ボーンの計算順が後になってしまっている事なのでそれを修正します。
s3473.jpg
14番の車体ボーンの親ボーンを13番以下のボーンに設定しなおすか、14番のボーンを計算順で後にする必要があります。


■未登録モーフ
「未登録モーフ : 1 | ... △ 以下のモーフは表示枠に登録されていません.(2)」というNGはよく見かけます。
修正方法は表示枠タブを開き...
s3474.jpg
このように未登録モーフを登録してやります。
ちなみにボーンも同じく
s3475.jpg
登録したい表示枠を選択して未登録のボーンを登録します。

■小ネタ:PMXエディタが重いとき

なんかPMXエディタの動作が重くなるときがあります。
実はPMXエディタはMMDと自動リンクする機能があり、MMDとPMXエディタを同時に立ち上げているととても重たくなる場合があります。
なのでPMXエディタを使う際はMMDを閉じるかs3476.jpg
ヘルプ→バージョン情報でバージョン情報を表示させっぱなしにすると、閉じている時と同じ効果が得られます。

以上で解説を終わります。
それではまた~


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。