記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【配布】Plymouth

s3596.jpg

ナロー用機関車を作ってみました。

ダウンロード>>>


モデルにしたのは諏訪湖の釜口水門に保存されている機関車です。
s3597.jpg

保存場所はこのへんです

s3598.jpg
アメリカ製のガソリン機関車です。
大正13年とのことで蒸気機関車のC53よりもちょっと古いくらいの機関車です。

産業用小型機関車のお手本になった輸入機関車のようで、台枠部分など後年に作られた日本車とよく似ているところがあります。
s3599.jpg
この機関車はフリクションドライブという機構を持っています。
中央に見えている円盤がエンジンに直結していまして、その回転を縦向きについている円盤に伝えます。
そして、その円盤を左右に動かすことで変速や回転を逆転させるような構造になっています。
内燃機関車黎明期の非常にシンプルな変速機構で、これが作りたくてモデル化しました。
ただ、欠点はお察し出来るかと思いますが摩擦力で伝達するため重たいものを牽くと滑ってしまうため、次第にギア式のミッションに取って代わられこの方式の機関車は作られなくなっていきました。

s3600.jpg
モデルは前半分の車体を消去させることもできます。
よくあるエンジン部分が露出した状態で走らせることもできます。

s3601.jpg
内部の色もモーフで変更出来ます。

s3602.jpg
扉やフタ部分も開閉可能です。

s3603.jpg
モーフでヘッドライトや始動用のハンドルが出現します。s3604.jpg
選べる二色
林鉄っぽい色合いのモデルも用意しました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。