記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『罪の名前』あとがき

s4142.jpg

本編はこちら


ではでは、後書きをつらつらと書いていこうと思います。

●ストーリーについて
最初に『罪の名前』を聴いたのはProjectDIVAでしたが、初めは曲の意味がよくわかりませんでした。
女の子が女神様に醜い姿に変えられるという最初のシーンは思い浮かぶのですが、ラストシーンがどうにもしっくりきませんでした。
例えばラストシーンで醜い姿のままだった場合、男の子はずっと盲目だったので目の前の女の子が醜いかどうかわからないはずです。なので曲の前半の容姿による苦悩を男の子側は全く理解せずに受け入れているわけで、これだと勘違いエンドになってしまいます。
次に考えられるのはラストシーンで魔法が解けて醜い姿ではなくなるパターンですが、今まで散々容姿で差別されてきた女の子が可愛くなってハッピーエンドにしてしまうと、いわゆる「※ただしイケメンに限る」的な意味合いが強くなってしまいます。

曲を作ったryoさんが公開されているあとがきによると、後者の魔法が解けるパターンを想定していたようです。
ただ、よもや作者さんが「世の中は顔がすべてなんじゃ~」ということを表現したくて6分半もの曲を作り上げたというのは考えにくいですし、そんな面倒なことをしなくても今は「」とさえ書けば十分通じるのです。
なので、たとえ作者さんがラストで魔法が解けるパターンを想定していたとしても、それをそのまま映像化して「※」の意味合いを強調するのはミスリードだろうと考えてラストは魔法が解けずに姿が変わらないストーリーにしようと考えました。

となるとこのPVに登場する女の子は”一目で異質なものとわかるけれど、それ以外は限りなく普通の人に近い何か”でなくてはなりません。
それは何だろうかとずっと考えていたら、限りなく普通の人に近いロボットはどうだろうかと思いついたのです。
ただ、外観も人間そっくりのロボットだと”一目で異質なもの”とはわかりません。じゃぁ機械の部分が見えるような状態なら・・・と考えたときに、PVのシーンが綺麗に繋がったのです。


●キャラクターについて
元となった曲『罪の名前』の登場人物は主に3人です。
それは主人公の女の子と、盲目の男の子と、運命の女神様です。
ビジュアル的に男の子は片目を包帯で巻いたオリバー君で、悪役となる運命の女神様は悪役っぽい雰囲気のダムディーさんと決まりましたが、問題は女の子の役でした。

人間そっくりなロボットの中身が見えるというのは決してR18には該当しないと思います。(もし該当するならドラえもんのび太の鉄人兵団がR指定になってしまいます)
ただ、モデルの製作者が想定していない使い方であるのは想像できます。
それを鑑みてなるべく規約の緩いモデルを探していたところ、ちょうと良いタイミングでこのLeoさんが公開されました。おまけにアンドロイドという設定付きで、Readmeを読んだ時に即決でした。
s4143.jpg
左:デフォルト、中:改造後、右:半壊モデル

元々モブ用とのことで、前髪に目が隠れていたので表情がはっきりと見えるように前髪を上げました。
また、髪の色もオリバー君と被っていたので、元曲の背景絵と合わせて白にしました。

半壊モデルにある機械の部分はAdvance Frameモデルを使っています。
人型ロボットモデルで検索すると巨大ロボばかりがヒットするので、人間サイズのロボットをがなかなか見つけられず、見つけても改造不可だったりして探すのが大変でした。
元のロボモデルは足首の所が大きかったので、色々と部品を削除して小さくする改造もしています。

●技術的なこととか
・振動モーション
序盤で研究所が振動するシーンですが、実はこれプリマス君が頑張っていたりします。
s4146.jpg
研究所の地下で振動するプリマス君。

まず、プリマス機関車を読み込み、次に研究所ステージを読み込んで外部親をプリマスの車体ボーンに設定します。
プリマスのエンジンボーンを回転させた後、エンジン停止モーフで一旦振動を止めます。
そして振動させたいときに振動増幅モーフで振動させます。
機関車ではなくもはや発振機扱いですが、なんかそれっぽく動いてくれたので結果オーライです。(ぉぃ

・顔の半分だけテクスチャをいじる
モデルの中にはレオさんのように顔のテクスチャが半分だけで、左右対称にしてマッピングされているモデルもあります。
なので、右頬だけにテクスチャを変えようとしても・・・
s4148.jpg
このように左右対称に模様が付いてしまいます。
これの対処法について書きます。

まず変更したい部分のみ新規材質として切り出します。
s4149.jpg
顔材質の面の中で、変更したい部分の面を選択して”新規材質へ取り出し”をクリックします。
すると新規材質として分けられます。
次にPMXEを一旦横に置いておいて、フォルダーの中にある顔のテクスチャをコピーして、新しく名前を付けます。
そしてその新しいテクスチャに模様を書き込みます。
再びPMXEに戻り、テクスチャを先ほど分けた新規材質のテクスチャに設定すれば、右頬だけに模様が付けられます。
s4147.jpg

テクスチャの未使用領域がかなり大きくなるやり方ですのであまり褒められた方法ではありませんが、とにかくお手軽にできるので簡単にやりたい人におすすめです。


●さいごに
このストーリーを思いついた後に気付いたことなのですが、このお話のミソは女の子には直接魔法がかけられていないというのがポイントです。
では魔法をかけたのは一体誰なのか?そもそもどんな魔法がかけられたのか?その辺も色々と考察してみるのも面白いのかなと思います。

それではまた。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。