記事一覧

How to use [Step 2]

BackHow to move trains[Step 2]Trains[Step2-1]Read the "01 Dummy bone for the run.pmx".And this model set a first curve end.(ex 1m=12.5 25m=312.5 Coordinate of MMD) [Step2-2]Load a train model.And this model OP set Joint bone of Dummy bone. [Step2-3]Model manipulation set Dummy bone model.And to set the 1C-Right of Facial manipulation to 0.2.(1C-Right:1st Curve Right)(0.2: This Curve radius is 20...

続きを読む

How to use [Step 1]

Usage commentary of this model[Step 1]Railway[Step 1-1]Load a railway model.I read a model of 25 meters this time. [Step1-2]Load a second railway model.I read a model of 100 meters this time.And OP set the Joint bone of first railway model. [Step1-3]The curve of this track is made by facial manipulation. I repeat this work and connect a track.R200-R means "The Right curve of a Radius of 200m". ...

続きを読む

フレキシブルレールセット付属品詳細解説

1.橋梁の使い方まず、線路を読み込みます。モーフの「鉄橋モード」で線路と枕木だけにします。次に使いたい鉄橋モデルを読み込み、外部親を線路のセンターに設定します。これで完成です。なお、色を変更する際は「鉄橋色初期化」モーフで一旦真っ黒にしてから、「橋梁赤色・緑色・青色」モーフでお好みの色にして下さい。トレッスル橋の場合は一旦ガータ橋を作ります。次に「橋脚消去」モーフで橋脚を消します最後にトレッスル橋脚...

続きを読む

フレキシブルレールの使い方

フレキシブルレールセットの基本的な使い方です。こんな感じの線路に列車を走らせます。(線路の途中にある白いのは座標軸です。)1.線路敷設最初のカーブと直線の接続点を基準にして線路を敷いていきます。まずはカーブレールを敷きます。読み込んだあと、「R200-R」モーフで線路を半径200mの右曲線にしますカーブを延長するときは、さらに線路モデルを読み込みます。外部親を最初に読み込んだ線路の「接続部」にします。同じように...

続きを読む